長く働き続けるために必要な能力

将来の安定や医療機関への憧れなどから看護師を志す人が増加しています。そんな人たちが気になることといえば、向き不向きでしょう。看護師として長く働いていくためには、主に次の3つの特性があることが理想的です。

まず1つ目は精神的に安定していることです。患者さんの命を預かる仕事でもあるので非常に責任感が求められます。1つ1つの行動に重みがあるため、強いストレスに耐えられるだけの安定した精神が必要となります。実際、試験においてはストレス耐性を確認するためのテストも実施されているそうです。

2つ目は人のために働けることです。看護はあくまでも患者さんのために行われるものです。そのため患者さんを第一に考えられることが重要となります。患者さん一人ひとりとしっかりと向き合い、患者さんに適した接し方が求められます。人の立場に立って思考が出来なければ、働くことは困難でしょう。

最後に3つ目は勉強熱心であることです。医療技術は常に進歩しています。しかしその技術を使うためには前提として、それについて理解している必要があります。もし理解していなければ患者さんの命に関わることにもなりかねません。もちろん学校のように勉強だけしていればいいわけではなく、働きながらの勉強になるので「患者さんのために頑張るんだ」というような強い意志が必要となるでしょう。
もし看護師として働きたい場合は、上記を参考にして自己分析してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です