看護師として備えておきたい素質

病気を患い、自由に体を動かせなかったり、心細くなっている患者さんの手となり足となり、療養上のお世話をするのが看護師です。そのためには、まず、自分自身の心と体の健康状態を良好に保っていることが必要です。また、時として動けない患者さんの介助をすることもあるでしょう。ですから体力面においても、ある程度の体力が備わっていることが望ましいです。

また、病院や介護施設などの医療機関では、看護師の他、医師や薬剤師、臨床検査技師や栄養士、理学療法士など、ありとあらゆる様々な専門職が集まり一人の患者さんの治療にあたっています。そのような多職種が協力しあって行う医療を、最近では「チーム医療」と呼んでいます。様々な専門性を持った医療スタッフがチーム一丸となり、情報交換や議論を重ねながら、お互いに協力し合ってひとり一人の患者様の治療に参画しているのです。
チーム医療を勧めるためには、多職種とのコミュニケーション能力や協調性というものが非常に大切となりますので、それらの適性が備わっている、もしくは、向上させていく努力が必要となります。

そしてなにより一番大切なことは、その人の心の根底に「人のためになにか役に立ちたい」という気持ちがあることです。病める患者さんを前に、「この患者様を助けもう一度笑顔にさせたい」「少しでもこの人らしく過ごさせてあげたい」といった気持ちが湧いてくるようであれば、将来きっと立派な看護師になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です